モテる男 フィクション 適度に利用

フィクションを適度に利用する

スポンサーリンク

もてるために小説やドラマを参考にする人がいるようです。
雰囲気作りをうまくするためには大切な要素もあります。
しかし、フィクションそのままの状況を再現できるとは考えないでください。
もてる男は、フィクションで参考にできる部分を理解しています。
話題にする箇所、実行していい部分、気にする必要のない要素があるのです。
フィクションには非常にドラマチックなシーンがあります。
何年もひとりの相手に片思いというのは読者や視聴者に展開を楽しませます。


しかし実際に何年も片思いしていると女性に話したらどう反応されるでしょう。
ただ実行力がない男だと判断されます。
小説やドラマでは、恋愛テクニックを軽視しがちです。
これは純粋な気持ちを表現するための手法でしかないと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

いわゆる恋愛テクニックがもてるために役立たないわけではありません。
本気にすると、ただもてない男が出来上がります。
全てを鵜呑みにせず、参考にできそうな部分だけを利用しましょう。
都合のいいところだけをピックアップするようではもてる男にはなれません。


古典の光源氏でも、ただのプレイボーイではなく見習える部分があるのです。
躊躇せずに好きになった女性に向かっていく姿勢はいいですね。
女性を口説き落とす際には、非常にまめまめしい態度を見せます。
だからといって光源氏の浮気性に注目しても意味はないのです。
取捨選択を心がけて、適度に利用する姿勢を忘れないでください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィクションを適度に利用する | モテる男の特徴ランキング関連ページ

第一印象を大切にしている
自信がある
自分の立ち位置を知る
モテる男はマメ
モテる男は余裕がある
モテる男=リーダーシップがある
出会いの数を増やす
仕事が出来る男はモテる
電話
メールテクニック
モテる男は同性からもモテる
趣味
スポーツ
仕事ができる
モテる男の金銭感覚と支払い方
どんな女性にモテたいか自分を理解している
バランスを取って自分を磨いている
鏡を持ち歩く姿を見せない
モテる男はさりげなく香水を使う
口の中まで綺麗にしている
よくない癖は改善する
クールの意味を取り違えず演出
外出先の選択に幅がある
正しい料理上手である
自分らしさを分析して受入れられる
相手の意見を否定できる
適度に自己主張をする
かわいいという評価を嫌がらない
プライドをほどほどに抑えられる
インターネットを利用しすぎない
素直な気持ちを表に出す
出会いを求める女性に気づく
周囲の女性と仲良くできる
インターネット上での行動が礼儀正しい
先入観にとらわれない
若い内に多くの挑戦をする
女性の意図する経済力を持つ
モテる男のしぐさの特徴
芸能界でモテる男の特徴は色気のある男ですが現実は違います