モテる男 口説く 引き際

口説く際に引き際を心得ている

スポンサーリンク

好きな女性には一途でありたいという男性は多いでしょう。
しかしそれは心構えだけであって、態度に出さないよう気をつける必要があります。
この女性しかいない、脈がなくてもあきらめないと思い込むと、周囲が見えなくなります。
余裕がない男性は、すぐに態度に出るのです。


一人の女性を真剣に想う気持ちは大事ですが、重く感じられないようにする努力も必要です。
脈がないようであれば、引き際だと判断して一旦口説くのをやめましょう。
押しつけがましい男は嫌われます。
女性は、たとえ多少好意があったとしても追いかけられ続けると次第に嫌になってくるのです。
好印象を与えるどころか、近寄らないで欲しいと思われては口説く意味がありません。

スポンサーリンク

口説く際には、さじ加減が必要です。
たまには押してみるのもいいでしょう。
しかし、女性の反応がよくない場合には引き際を心得るのです。
女性は自分の気持ちをすぐに仕草や態度に出します。
いつまでも口説き続ける男性は、そんな女性を理解できない気の利かない人だと判断されます。
これでは、近づこうとしても逆効果になります。


しつこい男は嫌われるので、すぐに手を引きましょう。
世の中はその女性だけではないと思えば、余裕ができます。
一度押した後、すぐに引かれると女性はもったいないことをしたかと思います。
そこで、改めて声をかけるのです。
引き際がよければ、再びの機会は遠くない内に発生するでしょう。
これが最後のチャンスだと思い込まずゆっくり口説くのが大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加