モテる男 自分の意見 言える 特徴

自分の意見を人前で言える

スポンサーリンク

少人数、二人だけの時なら自分の意見を言えるけれど、大勢の前になると話せなくなる人は男女問わず多いですね。
日本人は学生時代から大勢の前で自分の意見を通す習慣がありません。
授業の一環としてやる機会はあっても、普段から行う人は少ないのです。
会議やミーティング、合コンといった場所で意見を聞かれても、特にない、誰かと同じとしか言わない人をどう思いますか。
主体性がない人に見えると言われることが多いでしょう。


現代社会において、自分の意見をはっきり言えるのは必要な能力です。
苦手な人でも鍛えておく必要があります。
特に間違っているかもしれない、詳しくないので自信がないといった時に、自分の意見を述べるのはなかなか難しいことです。
意見というのは、誰もが正しいと思うものだけを話してほしいわけではありません。
正解がわかっているのであれば意見を集める必要はありません。

スポンサーリンク

自信がないのであれば、その旨を含めて話せばいいのです。
間違った意見も含めて参考になると思えば、少しは気が楽になりませんか。
少数意見になった場合も、皆と違うと悲観的にならず貴重な発言ができたと思いましょう。
少数派の内容から問題が掬い上げられる場合もあるのです。


誰もが同じ意見であるより、多様性がある方があえて意見を募る意義があるのです。
実際にほぼ同じ意見の場合でも、補足的な内容を付け加えるのは可能です。
ただ同じ意見だと言うのに比べて自分の意見として話している印象を周囲に与えられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加